MENU

バイオオイルで妊娠線予防

一人目を妊娠中に5か月くらいでだいぶおなかが大きくなってきたころから、おなかがかゆくてかゆくてしかたありませんでした。先輩ママに相談してみると、皮膚の下にある組織が引っ張られて割れてしまうから、それでかゆいんじゃないの?と言われ、妊娠線予防はしているかと尋ねられました。

 

そのときは、妊娠線のことなど、聞いたことがあるというくらいで、まあ別にできてもいいかと思っていたのですが、とにかくかゆくてたまらないので、妊娠線予防もできるオイルを教えてもらって、それを塗るようにしました。

 

そのオイルは南アフリカで作られていて、世界中で妊婦さんに人気のあるバイオオイル(日本ではバイオイルという名称)というものです。すごくさらさらしたオイルで伸びもよく、保湿効果に大変優れているので、とても気に入ってお腹だけでなく、洗顔後のスキンケアにも使っています。このバイオオイルを塗るようにしてからかゆみはおさまり、結果的に妊娠線もほとんどできずにすみました。

 

妊娠9か月から妊娠線が出来ました

妊娠線予防は早めにした方が良いと聞いていたので、つわりが終わって体調が安定してからお風呂上りに使うようになりました。ドラックストアで見かけたストレッチラインマッサージクリームを使っていました。値段は手ごろでしたが、伸びが良かったので、たっぷりと使うことが出来ました。

 

妊娠8か月まではそれほどお腹の大きさも目立つことがなく、妊娠線も出来なかったので安心していたのですが、妊娠9か月を過ぎたころから薄く妊娠線が入っていることに気が付きました。体重増加は緩やかでそれほど妊娠線ができやすかったとは思えなかったのですが、それでも大きくなったお腹を見て、線が入るのは無理もないと感じました。

 

お風呂上りだけではなく、日中もこまめに塗っていたらもしかしたら線は出来なかったのではと後悔しましたが、出来てしまったものは仕方がありません。妊娠10か月を過ぎてまた妊娠線が濃くなってしまい落ち込みましたが、出産後は少しでも薄くなるように対策をとらなければと思いました。