MENU

オススメのボディークリーム

第一子を妊娠中に先輩ママさんから妊娠線の事について教えてもらいました。妊娠線のお手入れは日々やっておかないと、お腹が大きくなってからでは遅いという事でした。

 

その後、色々と話を聞き、マッサージ用にボディークリームを購入する事にしました。そして教えられたとおりに毎日マッサージしていました。使い方としてはお風呂上りに適量を手に取り、おへその下あたりから時計回りにゆっくりすりこむという方法です。妊娠3ヶ月くらいから初め、臨月になってもずっと続けていました。そのせいなのか、出産後しばらくして体型が戻っても妊娠線が目立つような事は全くありませんでした。

 

妊娠線や肉割れは保湿によってずいぶん防ぐ事ができるようです。肌を乾燥したままで放っておくと、さらに症状が悪くなるようなので、毎日時間を決めてマッサージをしたほうがいいようです。ちなみに私はweledaのボディークリームを使いました。オーガニックで安心でき、香りがとても良かったからです。私はざくろのクリームを選びました。

 

自分の好きな香りに癒されながらマッサージをしているとリラックスもできるので、ぜひオススメです。

 

肉割れ改善に石鹸の泡を使って手でマッサージをする

肉割れを改善するには、温かいお湯の中にゆったりと浸かるようにしました。お湯にゆったりと浸かることで、皮膚や脂肪が柔らかくなってきます。しっかりと温まったら、石鹸をよく泡立て、その肉割れの部分に塗ります。そして、両手で同時にその箇所を上下に揉んでいきます

 

 

 

次の手を拳にし、その肉割れの部分を指の甲を使って押しながら円状に動かします。ゆっくりと少し力を入れてやることがポイントです。そのマッサージを1箇所につき5分ほどやります。肉割れが大きい場わいには、10分ほどの時間をかけて行います。

 

 

 

お尻の肉割れには、コツがあります。立ったままの状態でマッサージをするのです。お尻のたっぷりと泡立てた石鹸の泡を塗り、そこを上から指で上下に動かしてマッサージをします。力を入れ、上下にゆっくりと10分間やります。これだけでも、毎日続けるだけで、かなり肉割れが改善しました。

 

 

 

お腹の肉割れの部分にも石鹸の泡をたっぷりと塗り、指の平で円を描きながらマッサージをしました。